設備

工場内レイアウト

工場内には手指の消毒、埃の除去を行ってから入室します。
一年を通してほぼ一定の温度に保たれており、安定した品質の製品を供給致します。

設備紹介

すべての機器にオール電化を導入していますが、昔ながらの製法で少量多品種生産が可能です。
異物混入の原因となる木製の器具は使用していません。

加熱室

電熱器の鍋を使用しています。直火ではないためすすなどの異物混入の恐れがありません。
また、室温を過度に上昇させないため、衛生服を着用しての作業を可能にしています。

冷却板

炊いた飴を冷まし、香料、甘味料、着色料を混ぜます。

機械加工室

バッチローラー

飴を引き延ばします。

スタンピング

スタンピング型で打ち抜かれた飴が出てきます。

手加工室

飴伸ばし

組み飴を引き延ばす工程です。

カット

引き延ばした組み飴をカットします。

検品

熟練の検査員が形がゆがんでいるものを目視で取り除きます。

機械包装室

異物混入を防ぐため全製品を金属探知機にかけます。
棒付きキャンディーについても、当社では全品金属探知機検査を実施しています。

個包装

1粒ずつの飴を個包装する機械です。

袋詰め

個包装された飴を袋詰めします。

手詰め包装室

手詰め包装

手作業の包装ラインです。

倉庫

製品用倉庫

出荷前の製品を保管する倉庫です。

包装資材倉庫

オーダーメイド包装の保管も承ります。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP