品質管理

当社では、一年を通して正確な製品づくりをするために、材料・製品の管理を徹底しています。

  • 環境整備・・・オール電化で、冷暖房により一年中ほぼ一定の環境を保っています。
  • 配合管理・・・材料の分量は、ハカリやメスシリンダーを使用してきちんと計測します。
  • 重量管理・・・コンピュータースケールやウェートチェッカーを使用し、完成した製品にばらつきが出ないよう管理しています。

製品の安全管理

異物混入対策

金属性異物は万が一の際お客様が口にすれば大変なことになります。
そのようなことが起らないよう弊社ではすべての商品に金属探知機検査を実施しております。
他社では実施されないことも多い棒付きキャンディーについても、包装前に全品の金属探知機検査を実施しています。

全て金属製の道具を使用

昔ながらの飴づくりには木製の道具が多く使われてきました。しかし、木製品の道具を使用した場合、他の機材との接触で、細かい木片が製品に混入する可能性があります。
異物の原因除去のため、当社では使用する全ての機材は金属製に変更しています。

服装管理

工場に入室するスタッフは、全員が衛生白衣・マスク・衛生帽着用を義務付けられています。
指輪、イヤリング、時計等は全て入室前に外し、体毛や頭髪の混入を防ぐためにネットや帽子、作業着の袖はゴム等でしぼりがあるものを使用しています。
衣服の着用方法についても細かい規定を設けています。
当社の工場はオール電化、一年を通して冷暖房完備のため、真夏に高温の飴を扱う作業でも、このような衛生白衣の着用が可能です。

着替え後は、粘着ローラーをかけ、衣服についたホコリや毛髪などを取り除きます。その後エアーシャワーの手順で徹底的にチリや髪の毛が作業着に付着するのを防止しています。

入室前以外にも、工場内活動として、一日3回、定期的に作業着へのローラー掛けを行います。

衛生管理

手洗い管理・消毒

手洗い規定として50秒をタイマーで設定し、手指由来の微生物による製品汚染を防止しております。
手洗い後に水気を取ったのち、さらにアルコール消毒を行ってから工場に入ります。

 

お問い合わせはこちら

PAGE TOP